FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
震災4年。
2015 / 03 / 11 ( Wed )
こんにちは。

あれから丸4年。今日は3月11日です。
この時期になるとやたらと復興(状況)のニュースが紙面を賑わしますが、時間が過ぎた割には大して進んでおらず、無力さを感じ得ずにはいられません。

例えばそのニュースによると、現在避難生活を送るのは約22万9千人にのぼり、被災3県では恒久的な住まいとなる災害公営住宅の完成が15%にとどまる。政府が決めた5年間の集中復興期間は、最後の1年。。。。。
結局、人手不足と資材不足で結ばれます。

先日私が聞いた話では、コンクリートが足りないという。
これは余所の県からは運ぶことに限界があるので(化学変化なので、、、時間が大切、、、だから生コン、、、フレッシュという事)コスト高でもあると。。。
生コンプラントを作るにしても、復興が終われば無駄になるって考えです。
だったら、政府がつくればいいんですよ、プラント。
余分な?お金を落とすより、直接できるんですがね。
何で出来ないんだろうと思います。

今の時期だけ“あの時”を思い出すニュースと同じでは、とても被災者とともにあると言えないんですけどね。


あの時。。。
あの場所にいた、私たちの様な零細企業(工務店やリフォーム屋さん)が、寝る間も惜しんで緊急対応し、その意気に感じた日本海側のやはり同じような小さな工務店等が、フェイスブックなどで呼びかけ、資材を集めて無償提供しました。
当然、多くの人も行きました。
例えばあの時に大手HMがやったことは、合板を生産する会社(一次生産者)まで行って、すべて買占める事でした。
零細企業の我々は、緊急対応でその場を凌ぐよう被災した住宅にお住まいの方にお願いしましたが、人情というか、地元業者の矜持に感じ入ったというか、、、でも、いつまでも待っていられない。
待ちたいけど、待てない。綺麗にして忘れたい、、、新しい一歩を早く踏み出したい。。。
結局、資材をキープした連中はそこに営業を掛ける。。。
なのに復興の進まない体たらく。。。
商売抜きがすべてに対していいとは言いませんが、それぞれの寄って立つ立場に即した“迅速な”対応をすればいい、せめて。
一見遠くにいる私たちも、できる事をするしかないと思います。

私が生まれたのは東北、両親とも東北、大工も東北と茨城。。。
想いは東北の人たちとともに。。。
スポンサーサイト
11:24:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<住まいの耐震博覧会2015 | ホーム | 2014年TDYリモデルコンテスト>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yumenosumai.blog28.fc2.com/tb.php/341-1ead097c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。