FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
正直な家’12 施工事例④
2013 / 04 / 11 ( Thu )
一か月のご無沙汰です、すいません。

ここのところ(っていうか、最近ずっとか…)お陰様で忙しくさせて頂いていて、本当に有難い事です。
世間では、消費税前の駆け込み受注とか言いますが、色々聞いてみると、そうとばかりは言えないようです。

実際、仕事がない所は無い様で、言わば二極化している模様。。。
今暇な所(会社)は、この先大変だと思います。

『今忙しいですか?』とよく聞かれます。
「いやぁ、暇です。」と来たら要注意。
誤解されている方も多いのですが、忙しいと仕事が雑なんじゃないか?と思われがちですが、実際は逆。
単純に言えば、次の仕事を取らないといけないからです。

私は自分も自分の会社のキャパも理解しています。
それを無視すると顧客満足は向上しません。
折角のご縁ですから、そこは大切にしたいですね。

では、表題の件。。。(笑;
今回から水廻りを除いた2階部分。
この現場は、別途工事として受注した外構工事がありますが、つい先日完成しました。
後日、番外編?としてご紹介します。

広めで緩やかにとった階段を上がると、ゲスト用の部屋があります。
北側斜線で影響を受ける北面は収納で躱しています。
折れ曲がって廊下を渡る。。。
主寝室に行く訳ですが、、、


菊池邸2F廊下


杉の一枚一枚が真っ直ぐ伸びて、無垢材の質感をしっかり表現できていると思います。
この住まいの間取りにも関係がありますが、殆どの杉無垢材の張り方向が長手方向で張る事が出来ている為、この様に特徴を捉えて誂えていますが、もっと大きな利点は、材の無駄が出ないという事^^;
間崩れしたり、張り方向を変える間取りを創ると、30cm位カットしてしまうことになり、無駄が出てしまいます。
今回、長尺のまま殆ど使え、また、90cmのカット分としたので、押入れの中まで貼れました。


菊池邸2Fクロゼット


大工が上手くやってくれたというのもありますが、クロゼットを開けた時、床がベニアだと興醒めしてしまうかな?なんて思い、それならば…と、張ってしまいました。(笑;
押し入れ内の造作は、弊社でお勧めしているやり方。
足りなくなりがちな収納部分の有効活用です。

この部屋には、室内物干しも設置しました。
最近は、花粉や黄砂の影響がありすぎて屋外に物が干しにくい事や洗濯物に含まれる湿気が冬場などの乾燥にも良いという事でまた増えてきた事例です。

また、衣装室というか、何度も隣接。
先ほどお話した北側斜線の影響を受けた部屋ですが、思い切った納戸(ウォークインクロゼット)をつけました。
ここも杉板です。


菊池邸2F納戸


納戸ですが、風抜きの窓があります。
これで風が抜けるの?と思うかもしれませんが、実は右の壁の上部に開口を設けています。
ちょうど階段室になりますが、廊下側からの風が抜ける設計としています。
見えにくくてすいません。^^;


主寝室からは書斎にも入る事が出来ます。


菊池邸2F書斎2


ここはご主人の遊び心もありまして…。


菊池邸2F書斎1


南側の壁1面だけ、仕上げを変えました。
私はよくお話するのですが、壁の仕上げは取り換えし?のつくものなので、遊んでくださいと。(笑;
高額になりがちな設備機器は、変えようと思っても10年や15年はそのままなもの。
それに比べれば…、という話なのですが、部屋の用途からしても他人が来る場所ではないし、そのぐらいリラックスして選ぶのも楽しいと思います。
万一、自分のイメージ通りにならなかったとしても、次回は経験と教訓になるのですから。。。
自信がなければ尚更チャレンジしてみた方がいいと思います。

そして、2階和室。
ここは1階と趣が違います。
大壁和室というもので、柱が隠れている壁。
言ってみれば畳敷きの部屋という所でしょうか?


菊池邸2F大壁和室


ゴロンと寝っ転がれる部屋です。(笑;

勘の良い方は気づかれたかと思いますが、このお住まいの2階はコリドー式となっています。
所謂、回廊です。
すべての部屋(居室)が繋がっていて、廊下に出なくても渡れるという事。
これにより、住宅内の通気が行き渡る事になります。

無垢の床や和室のような湿式壁、日当たりのよい各部屋と徹底した通期計画。
自然素材の良さを肌で空気で感じられる家。

とても暖かいと仰って頂きました。
私も楽しい住まいづくりが出来ました。

感謝、感謝です。



ではまた。
スポンサーサイト
19:04:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブログ再開します。 | ホーム | あれから2年>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yumenosumai.blog28.fc2.com/tb.php/311-4242c4a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。