FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
自動火災報知機
2011 / 06 / 01 ( Wed )
こんにちは。

震災の影響があった各設備機器メーカーは6月に入り、大分落ち着きを見せてきました。
弊社に於いてはベニア関係の目処も立ってきています。
メーカーも復旧を急がないとご飯が食べられませんから必死です。
当り前の話です。

が、政府の復興計画となると…。

一体何をやっているんでしょうかね?
5月末までに3万戸を約束した仮設住宅も実現されていません。
今夕、内閣不信任案が出されるようです。
でもあの人は屁の河童。。。
何を言っても響かない人はいるもので、だから被災者の声が聞こえない、感じない。
鈍いのも限度を超えると罪だと知りました。

何で辞めないんだろう。

恥も外聞も無く、何事にも鈍感で、人に厳しく自分に甘い。
今や愛すべき日本の総理大臣は、厚顔無恥な愚か者が居座っています。
忸怩たる思いというのは、こんな感情の事を言うんだろうなぁ。
先に述べた様に、もし会社だったなら、いくら大手でも潰れてしまいます。
言ってみれば一法人の行く末とこの国の未来とは比べるべくも無いと思いますが…。

映画にもなった、なかにし礼の「兄貴、頼むから死んでくれ」を思い出しました。
まぁ、そこまで思わないにしても、やっぱり『頼むから辞めてくれ』とは思う。
今の政府はどうしようもなく、本当に愚か者の巣窟みたいになっていると思うのは私だけでしょうか(笑;

今日6月1日は、ある法律の施行日です。
『住宅用火災警報機設置義務』です。
弊社では約2年前から、OB客様へアナウンスし、殆んどの方に設置が済んでいます。
その他、一部のOB客様からご提案頂き、町内会の回覧版にも載せて頂きました。
その為もあってか、今でもちょくちょくご用命頂きます。
法令遵守!!今良く聞くコンプライアンスです。
この話だけでいけばとてもよい事です。
でも、この話を切り口に、訪問販売業者などに騙されないで下さいね。

この法律には、所謂“罰則規定”はありません。
建築士が何を言うかと怒られそうですが、いえいえそうではありません。
法律は守るもの…。そうコンプライアンス。
普通は誰でもそう思っています。
訪販業者は其処をついてきます。
付けないと罰則がありますからお早めにが常套句。
必要のないところまで付けて、法外な請求をするのです。
騙された?人は、もう付けちゃったから払うより他はないと思う。

だから、訪販業者は家に入れない、話さない。

罰則規定が無いと敢えて言ったのは、そこを悪用する連中がいるからです。
そもそも、罰則があるからする・しないじゃないはず!
冷静に考えればそういったことなのです。

火災報知機はつけましょう。
誰もがつけられる価格だからこそ、実施率(普及)が上がるというもの。
実際、万が一のことが起こった場合、被害を最小に抑える事が出来ているようですから。
期日を過ぎたことを考えるより、これからを大事にしましょう!!

ではまた。
スポンサーサイト
18:29:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ソーラー訪販跋扈中! | ホーム | 耐震改修の穴?(2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yumenosumai.blog28.fc2.com/tb.php/258-a96ca403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。