FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
耐震改修とソーラー
2011 / 04 / 28 ( Thu )
こんにちは。
明日からはゴールデンウィークに入ります。
世の中は自粛ムードが漂い、イマイチ盛り上がりに欠けます。
弊社も日帰りバス旅行を自粛しましたが、それはもう一ヶ月も前の話。
自粛ばかりだと経済も沈滞したままですし、いいとばかりはいえませんね。
実際、老舗旅館も大打撃を蒙り、風評被害と相まって大変な様です。


震災の影響として、ベニア関係は品薄状態。
なんでも建築資材の4割が被災地に送られているようです。
4割。。。
かなりの量が送られているにも関わらず、仮設住宅などの建設は一向に進んでいません。
これでは、被災地ではなくとも干上がってしまいます。
政府の無策ぶりを如実に表していると思います。

各設備メーカーですが、大体のものは幾分先が見えてきたようです。
弊社はTOTOリモデルクラブとクリナップ水まわり工房にはいっています。
ご存知ですよね?(笑;
それらの情報ぐらいは載せておきましょう。

TOTOですが、UBを作っている佐倉工場は若干の被害だったようです。
で、INAXやパナソニックの工場が被害が大きかった為、もう工事を予定している方たちの分が一気に集中したようで、通常納期2週間だったのが4月初旬で1.5ヶ月、それ以降は納期2ヶ月でした。
TOTOはキッチンを造っている工場や茅ヶ崎工場が被災に遭った為、新規受注は中止になっていましたが、来月中旬あたりから受注を受けるようです。
UBも、早晩納期は縮まるでしょう。
ただ、一部水栓などは見通しが立っていません。
逆止弁を作っている会社が全壊状態で、全く見通しが立っていないからです。
洗濯水栓(全自動用)などがそうですので、新築されている方、UBや洗面などのリフォームを予定されている方はご注意を。

クリナップは仙台に工場があり、ここはだめでした。
福島にも工場がありますが、被災に遭ったにも関わらず、今は何とか再開しています。
現在SSキッチンやクリンレディは受注を開始しており、ほぼシステムキッチンに関しては見通しが立ちました。

構造用合板などのベニアですが、石巻にも工場がありました。ですが…。
比較的ああいった建材は東北に集中しており、本当に品薄状態です。
何処の会社も大変ですが、若干良くなってきたでしょうか?
弊社について言えば、新築工事も手掛けておりますので、その使用量が多い為、逆に何とかなっています。
水廻り専門のリフォーム屋さんで、1現場に数枚しか使わない様な所には入りずらくなっているようです。
弊社は構造用合板だけでなく、床下地に使う耐水ベニアなども50、100枚単位で取っていますので、この方が入荷しやすいようですね。

世間を辟易させていた買占めの話。
それは建材にも当てはまる話ですが、弊社は継続して取った分消費していますから、それでも足りないくらい。
先の工事を見ず、念の為、先に仕入れるのはご法度ですが、手形での支払いを行なっているリフォーム会社だと敬遠されるのではないかと思います。
この様な状況ですから、下地材についてもご注意を!

ご注意と言えば…。
震災にかこつけて、ロクでもない訪問セールスをする輩が出てきました。
いつもの事ですが…。

「地震に備えて耐震改修を!」とか、

「計画停電の為にソーラーシステムを」など。

そういえば、そんな事を選挙でいって、市長になった人がいましたね。(笑;
アイデアですからいいのですが、費用を掛けずにソーラーシステムができるなんていうセールスが出る始末。
これ本当!!
そんなのがいるとは聞いていましたが、私の自宅にきましたから。。。
アホかって!!
太陽光発電の業者はいらないってことになる。

今年の補助金額ですが、国からKWあたり4.8万円。これは前年より減りました。
但し、システム価格が60万円/kW以下(税抜)です。前回は65万円でした。
調整しているようです、国が勝手に。

さらに神奈川県ではKWあたり2万円(上限7万円)で、横浜市ではKWあたり2万円(上限8万円)。
昨年の様に県や市の方は予算が切れるかもしれませんが。。。

もっと分かりやすく言うと。。。
3.5kwの計画として、、、
システム総額60×3.5=210万円。
補助として、3.5×8.8=30.8万円ですから、差引で179.2万円がベースになります。
補助金の正確からして早い方が有利でしょうが、だからと言って、訪問セールス如き(あえていえば)に焦らせられる必要はありません。

耐震改修も一緒。
関東に繰るとか不安を煽り(来るかもしれませんが)、建材不足だからなんやかやと言われても、焦る事は無いのです。
ご自分のペースで構いません。

ご心配なら、とりあえず横浜市の無料診断を受けましょう。(昭和56年5月末までの新築)
56年以降なら、私が診断に行きます。(笑;
耐震改修はノウハウが重要です。
勿論会社の実績も重要ですが、何より?大工の経験値が尚重要です。
どんな監理者であっても、1日中、しかも毎日現場を監理する事は出来ません。
釘の種類・間隔が違っても、所定の“数値”は違うものになってしまいます。
耐震改修をしたから大丈夫と思っても、大工にそんな知識や経験がないと…。

俄か耐震改修は大変危険です。
横浜市のサイトで、市の耐震改修事業者を閲覧できます。
それぞれの会社には番号がついていますが、その番号が若いほど、この事業に長く携わっている事になります。
大きい番号がダメと言う事ではありませんが、新たに参入して来た会社であれば、それ相当なものが必要なはず。
そういったある意味特殊な工事が耐震改修ですから、慎重に運んでください。

ではゴールデンウィークです。
羽目を外さない程度には、皆さん楽しく過ごしましょう!!
ムードぐらい良くしてもいいはずですから。。。

ではまた。


追伸 私は息子と野球三昧です!!(笑;
スポンサーサイト
18:44:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<法というもの。 | ホーム | 震災後一ヶ月。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yumenosumai.blog28.fc2.com/tb.php/253-e71cb902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。