スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
木の香り漂う住まい。
2010 / 02 / 05 ( Fri )
いつもブログを読んで頂きまして、誠に有難うございます。

最近はOB客の方やご紹介頂いた方だけではなく、初めてお会いした方まで「ブログ読んでますよ。」とよく言われます。
何となく照れくさいですが、ホームページを含めてのご来場数もかなり増え、殆んどの方(多い時は95%以上)がお気に入りに入れてくれているようです。
ブログを始めた頃は、2、3割くらいでした。(←多いと思っていました。)
益々頑張らねばと思いますが、皆様の住まいづくりの参考になりつづければと願っています。

そして『ご縁があれば…』とも思ってはいますが、弊社は施工区域(アフターサービスが可能な範囲)がありますし、品質確保のために年間の着工棟数を決めています。
それに弊社は新築、リフォームだけでなく、手摺・網戸張替え等の小工事や緊急対応模しています。
だから余計にキャパシティが限られてしまいますので、全部には縁などありませんね。(笑;

もしかすると、皆さんの感じ方と違うかもしれませんが、このブログはあまり宣伝色を濃くしているつもりはないのです。
自社のお話もしますが、工事の施工写真を載せて解説しているのは、基本的にこのブログのタイトルが私の想いです。
知っていれば得するかもしれない、でも知らないと確実に損をする。
気付かないから、損を感じていないかもしれません。

住まいづくりに携わる者全てが、創り手の誇りを胸にして丁寧・確実に、あったかい温もりのある住まいを創る。
今回はそんな気持ちをこめて、もう一つの標準仕様をご紹介します。


その住まいの名前は『樹望の家』です。

イメージ的には『正直な家'10』の自然素材住宅です。
若い人世代、狭小地に建てる住まいに優位性のある『正直な家’10』に対して、正に終の棲家に相応しい『樹望の家』は、精一杯の品質と価格に精一杯の想いを込めた夢の住まいです。
永年必死に働いてきたご夫婦自身のご褒美というか、ゆとりある豊かな生活やアトピー等で苦しむ方への精一杯の配慮。
終の棲家というからには、五十嵐工務店だからこそ出来ることを考えてご提案します。
ちなみにオプションとして、住まい手の健康へ配慮したICASというシステム(ご紹介済み)等がお選び頂けます。


基本的な住まいの性能は同じく高品質ですが、内部の素材や設備機器などはハイスペックなものです。
構造的には同じレベルといっても、ご希望の方には更に耐震強度を増した耐力壁を採用できます。

以前ご紹介したことがありますが、構造用合板で造った外壁を“ある工法”を使って強化します。
建築基準法上、壁倍率は5倍までとなっていますが、実験値として表すと8から10倍の強度があります。
阪神淡路や中越、宮城沖地震の被害を睨んでの事ですが、ハッキリ言って大手ハウスメーカーなどは出来ません。
私が参加している勉強会に講師としていらっしゃっている先生の開発した工法です。
元々、構造用合板で耐力壁を使っていますから、基準法上はその数値で充分ですが、東海地震など心配な方は一考の余地ありではないでしょうか?

住宅内部のお話をしますと、まず、床が天然木(無垢)です。
住まい手の仕上げの好みがありますが、パイン材の床と杉の床材(30mm)の2パターンご用意しています。
無垢材ですから傷はつきやすいかも知れませんが、何と言っても木のぬくもりが感じられます。
内装ドアもパイン材(無垢)で、天井は大きな梁をみせて、杉板で仕上ます。
きっと木の発する香りに癒されるでしょう。

更に家族団欒の場、来客を招くリビング等には、大黒柱を模した大きな柱(210mm角)を見せています。
私が想像しているのは、子ども達が頬ずりする床、大人や招いたゲストがつい撫でてしまう無垢の柱です。
お母さんはそんな家族を見、微笑みながら愛情のこもった料理をする。。。
そんな事を描きながらデザインし、腕によりをかけて丁寧に創り上げていきたいと思っています。

住まい手の皆さんが『謙虚に自慢できる家』が隠れた?キーワードなのです。

下地は全てF☆☆☆☆は当然で、エコですから先にお話したサーモウール(羊毛断熱材)で断熱し、防蟻材もヘルスコキュアー(炭)で住まいを守ります。
居室の窓は全てRow-Eですし、1階の大きな窓には電動シャッターを配し防犯にも目を向けています。

樹望とは、住まい手の皆さんが本当に望んでいるものの意味で、住まいに対する憧れを叶えられるものとの想いを含んでいます。
無垢や自然素材は高いと諦めているとよく聞きます。
色々調べてみると、坪65万~というのが多く、実際出来上がったらいくらになってしまうんだろうと思っている人が大半だそうです。
安くするといわれて手抜きをされる心配もあるとか…。

弊社は、無垢材や自然素材仕様の上、上記の様に高い付加価値を既につけています。
オプションもハッキリしていますし、お客様からの更なる要望がない限り、予算は透明であるようにしています。

ズバリ!!
五十嵐工務店の『樹望の家』は坪55万円~。

住まい手の皆さんが、現実的に検討できる費用を考え、近隣含め、様々な会社をリサーチした結果、出した金額と仕様です。
(※大手ハウスメーカーの価格は論外です。無垢は高いというイメージを植え付けたのは彼らだと思っています。上記はそれぞれの地域で頑張っている工務店さんのリサーチです。)

これだけ施工単価を押えられたのは、住まいづくりのプロ集団『真摯の会』をはじめ、私の住まいづくりに対する考えに共感してくれた各機器メーカー、材木問屋が頑張ってくれました。
よく聞く、まとめ買いをしたとか、仕様を絞り込んで決めてコストダウンした訳では有りません。
“これしか選べない”なんて、私だったら絶対嫌です。
そんなのは、業者の方便なのです。

だって私、皆に話していますが、この住宅は年間10棟までしか建てません。
それ以上請負うと、自分自身がこだわっている品質を下回る可能性があるからです。
それが今のキャパなんですね。
大切な住まいづくりに携わる我々全員が『夢・匠人』の自覚と誇りを持って、住まい手(家族全員)の満足を得たいと思っています。


その上で、創り上げた『樹望の家』です。

それともう一つ。
後出しジャンケンは嫌なので予めお話します。
住まい手の皆様の許可を頂いて、地域に広く知って頂きたいと思っています。
工事途中と完成の時にお貸し頂きたいのです。
お許し頂くと、弊社が広告・宣伝する費用が助かりますので、コストダウンが可能という訳です。
但し、生理的に無理…、という方もいるかもしれませんが、それを押してまでお願いする事はありません。。。^^;

一ついえることは、五十嵐工務店のファンになって貰えるよう、住まいづくりに精進していきます。
極端な例えかもしれませんが、なるべく簡潔に言うと、価格なりというかサービス面でも平均点なら住まい手の一定の評価はいただけると思います。
ですが我々の様な地元の小さな工務店は、技術、品質、ケア等それ以上の評価を頂けて初めて存在意義がありますし、高い評価をいただければ“評判”が広まったり「紹介してみようかな?」という事になったりする訳です。
実際、多くのOB客様から新しいお客様をご紹介頂いてきて、五十嵐工務店の今日があります。
そういった連鎖があって、優良だという「全国安心工務店一覧」に掲載されたのだと思います。
“驕ったら終わり、欠陥・手抜きがあったら終わり”という世界にいますから、住まい手の方と同じに必死です。(笑;
一つの悪い評価が全てを一瞬で無くすという事ですかね。

OB客様からのご紹介は、する側にとっては生き証人ですし、される側である我々にとっては自分たちへの評価のバロメーターだと思います。
全てのお客様の満足を目指して行きたいと考えています。

住まいは謙虚に自慢して頂いて、五十嵐工務店をいっぱい自慢して頂く事を夢見ています。(笑;

最近建ててしまった方には申し訳ない住まいとなっているでしょう。
弊社より高い費用で、低い品質の家を手に入れているのですから…。
ご検討中の方は、是非資料請求をお願いします。
自分と大切な家族のために、ちょっと決断への歩みを止めて検討して下さい。
それだけの価値があると信じていますので。。。

他にもたくさんお話したい事はありますが、お問い合わせ頂ければ嬉しいです。
住まいづくりは環境づくり。
住まいづくりに一役買うことが、私の信念であり希望です。

ではまた。

スポンサーサイト
20:09:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ビックサイト | ホーム | 『正直な家’10』>>
コメント
--加筆。--

2/6朝、加筆しました。
by: ハウスドクター * 2010/02/06 09:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yumenosumai.blog28.fc2.com/tb.php/194-f5d41dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。