FC2ブログ
その先にあるもの。
2009 / 08 / 24 ( Mon )
こんにちは。

今年の夏は異常気象?のせいか、暑いんだかどうだか分かりませんね。
でも、高校野球や世界陸上を見てみると、やっぱり熱い夏だったと思います。
アスリートたちの美しさは、掛け値無しに清々しいもの。
今年も感動を与えてくれました。

私は庄内で生れた事もあって、高校野球などは地元横浜よりも、つい東北勢を応援してしまいます。
いや、地元も勿論応援していますが、何と言うか順番と言うか…。
雪国のハンデだったり、まぁ判官贔屓なんでしょう。
先に応援しておかないと…なんて、失礼ながらあったりします。^^;
最近の球児は昔のように五分刈り頭なんていませんが、今も試合の始めと終わりの礼などは深々と長く…。
全く、ここまで来るとエコ贔屓ですね。

今年は花巻東という超期待の高校が出場していて、白河の関を越えるんじゃないかとワクワクしていました。
私が子どもの頃は、山形県勢の勝率が最下位だと聞いていましたが、つい最近までは岩手県勢だったそうですね。
花巻の菊地君は中学の時、チームメイトだけじゃなく、対戦した相手チームの選手にまで、岩手県民として花巻東に行って、甲子園から優勝旗を持って来ようと呼びかけたそうです。
今年はその集大成で、あのチームは言わば岩手県のオールスターだったのかもしれません。

ここでは深く触れませんが、他県から選手を引っ張ってくる事が珍しくなくなり、悲願の白河越えはあっけなく飛行機で先に北海道に行ってしまいました。(笑;
でも、彼らは地元に拘った。。。
そして、運命の日を迎えたのです。

勝負は時の運。
得てして、一発勝負のトーナメント戦にはまざまざとそれを見せつけられます。
勝負事ですから結果は結果としてありますが、彼らの直向なその姿に感動を覚えずに入られません。
何故なんでしょう?

ずっと一生懸命努力して、苦しかったり悔しかったり、たまに嬉しかったり(^^;
その過ごした時間がかけがえの無い物の積み重ねだったからこそ、崇高な物になっていくのでしょう。

小学生の子どもに聞かれます。
勝って泣くお兄ちゃん、負けて泣くお兄ちゃん。。。

「なんでだろう???」って。

必死に努力して、苦しくても逃げないで、自分の夢や目標に忠実に頑張ったから…。

『泣くと恰好悪い?』

「いや、カッコイイ!!」

子どもの感受性にホッとしました。(笑;

私はこういいます。
努力してもしなくても、頑張ってもサボっても何かの結果は出るんだよ。
必死に努力した人、そうでもない人、怠けた人とそれぞれ居るんだけど、必死に努力してのぞんだ人にしか見えない世界があるんだよ。
そうやって、目の前にある“壁”を一つ一つ超えていくんだよ。
諦めたらそこで終わり…。
物事から逃げたら、もうこの場所へは戻ってこれない…と。

子どもが幼稚園の時、一生懸命頑張ったのに幼稚園最後のかけっこで初めて負けたとき、うちの子どもは号泣していました。
その時、仲のいい友達に慰められて、それは彼ら同士でどれだけ頑張っていたのか知っていたからなんです。

『思い出した?あの時の気持ちを大切にしようね。』

私はこの時期、いつも思いだします。
社会人になると、何某かの言い訳を用意してプライドやミエなどを隠そうとしてしまいます。
忙しくて勉強できなかった…なんていうのはよくある話です。
必死に頑張った人にしか、その先にあるものは見えないと思います。

必死に培ったものを、継続的に蓄えながら表現していかなくてはならないと。
仕事というカテゴリーで捉えても、その人の生き方を準えたものでなければなりません。
技術屋は技術屋らしく。(笑

この時期、自分にとっても子どもにとっても、何か大切な事を思い出す・知るいい機会だと思います。
清々しく、心躍る季節です。

それにしても、決勝の新潟県勢は惜しかったなぁ。
私の田舎、実は新潟の県境でした。。。

今年も感動を有難う!!



スポンサーサイト



18:37:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブレ?ふれ? | ホーム | 正直な家のつくりかた 基礎編5>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yumenosumai.blog28.fc2.com/tb.php/174-2c7ba69b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |