FC2ブログ
今日はOB会
2009 / 07 / 04 ( Sat )
こんにちは。

今日は研究室のOB会があり、御茶ノ水のホテルまで行きます。
私の出た研究室は、現在先生が3代に渡っておりまして、何でも卒業生は900人を超えたとか…。
今年、私たちの代が幹事をします。
とうとう?そんな歳になってきたと言う事ですかね。

私は日本大学生産工学部の建築工学科出身です。
そこに、学部開校以来に存する研究室がありました。
それが『若木・浅野研究室』です。

大学一年の頃、設計製図と言う授業(毎年あります、当然ですが…。)があり、最初に接する建築専門の先生が浅野先生でした。
現在の研究室の教授です。
二年になると、若木先生に受け持って頂きました。
若木先生と浅野先生は師弟となり、研究室も隣り合って?いました。

そんな関係で、若木先生が建築学会等の仕事の時、また浅野先生に見て頂ける訳で…。
課題提出の時、代わりに受付・指導した浅野先生から『おぉ、五十嵐か。どれどれ?うん、相変わらずだな。』と言われ、頭を掻いていた頃が懐かしいです。

その後三年になると、学生はゼミを取るのですが、当時この研究室は大変人気がありました。
先生が二人いる扱いだった(他の倍受け入れられる)にも関わらず、実は入るのが難しかったんです。
若木教授に直談判しようと思って伺った所、生憎不在で困っていたら、浅野先生が時間を取ってくれ、その間にも学生が集まりだし、ディスカッションを開いて頂いて、それぞれの言い分?を聞いていただけたんです。

覚えているのは、ここしかない!と言う事と、お二方の授業を受けた事に縁を感じたとか何とか…。
これは本音でしたが、よく考えると一クラスみんなそうゆうわけで…(笑;

先生に言われたのは、『若木先生は厳しく情熱のある方で、勉強しない人は受けないんだよ。』

そこに居るみんなに言った言葉だったのですが、つい『勉強します、頑張ります。』と言ってしまいました。
印象的だったのは、先生の笑顔でした。
その後発表があり、無事研究室に入る事が出来ました。

ある先輩からも言われた事ですが、毎日の様に研究室に行く事がありました。
備品の場所も覚えるし、先生方のお手伝いも出来る。。。
とりあえず、朝一番に行った時は、まず先生方にコーヒーを入れる。
若木教授は、朝一番のコーヒーのみ、少しだけ砂糖とミルクをお入れになり、後はずっとブラックでした。
結局、卒業まで用が無くとも研究室に入り浸り、まぁ、でも学生時代で一番学び、悩んだ時期でした。
卒業設計で賞は取れなかったけど、ノミネートまではされましたので、努力?は報われる物だと改めて知ったものです。
ちなみに、うちの研究室は、一位二位独占は3年続いたとか…。(下の代は知らないけど)

とにかく、あの時の経験があったから、一級取れたんだと今でも思いますね。

そういえば、そのコーヒーの入れ方とか何とかを紙に書いて張ってきたっけ。
個人で残した物として暫らくあったようですが、その分OB会で先生方にからかわれますね。

その若木先生も“喜寿”。
今年のOB会は、そのお祝いも兼ねて行なわれます。
エライときに幹事が廻ってきた物です。(笑;

受けた恩の何万分の一かのお返しが出来る様、気合を入れて頑張っていきますか!
では。
スポンサーサイト



10:03:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<正直な家のつくりかた 2-3 | ホーム | 正直な家のつくりかた 2-2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yumenosumai.blog28.fc2.com/tb.php/169-7caf9e1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |