FC2ブログ
支払いから見る業者選び。
2009 / 02 / 24 ( Tue )
こんにちは。

『住まいの耐震博覧会』バスツアーに関しては次に譲るとして…。
今週末の2/28(土)・3/1(日)にTOTO横浜港北ショールームにてイベントを行ないます。
題して…、一足お先に!!『春一番 お客様感謝祭』です。
先日行なった構造見学会にもありました新ユニットバス「sazana(サザナ)」も展示されています。
参加ご希望の方は、弊社HP問い合わせフォームよりどうぞ!!


今日のお話は、ちょっと、前回の補足を…。


言うまでも無く、家は貴重な財産です。
200年住宅であるかどうか以前に、現在の財産という事だけでなく、子の代・孫の代にも残しうる資産であろうものです。
考え方は様々ですが、必死に働いて手に入れたものを“残す”というのは極自然な事ではないでしょうか?
終の棲家ともいえる家を構築する時、手に入れた対価として残るのが自然でしょうが、先般あった“事件”の様に、完成する前に、すでに予算の大半を支払った後、ビルダーが倒れてしまっては堪ったものではありません。
世間は同情するでしょうが、誰も庇ってはくれないし、泡と消えた物を補填してくれる人もいません。

今の時代、トヨタの例を見ても何が起こるか分かりませんが、余りに疑ってみても先には進めません。
輝かしい未来を想像して家を建てるのですから、事前に祓えるリスクは消しておきたいものです。

その際たるものが支払条件。
一般的に通っているのが、契約時、上棟時、完成時(1/3×3回)です。
弊社の場合、上棟時で50%行くか行かないかに設定しています。
もう少し詳しくお話すると…。

弊社の場合は設計施工ですが、全ての予算出しを提示しています。
施工中に設備機器などの変更があったりしますが、その差額は最後にまわる事になります。
また、二次所得の場合は古屋がありますから、解体費も計上しなければなりませんね。
お客様にとっては、引越し代や仮住まいの費用など諸々。。。

ちょっと話がそれますが…、
工務店に入るお金は工事費関係のみですが、住まい手が考える予算というのは諸費用があります。
つまり、財布という言い方をすれば一つしかない訳ですから、予めの情報こそ大切な訳です。
ちなみに弊社では、仮住まいは無料でご用意していますが、ここに予算を掛けない分は、他に廻したり、残しても置けますから、減額にもなりえますね。

で、上記の様な建て替えを例に取ってフローにすると下記の様になります。

契約→確認申請・確認済→解体→地鎮祭→着工(地盤調査)→(杭・地盤改良)→上棟→→→竣工

杭は更地で行なった方が良いので、今の場合は考慮しない事として。

①契約時10%  ②地鎮祭20%  ③上棟時30%  最終が竣工時で残金40%及び消費税。

%に拘る必要はありませんが、こんな感じなら出来高と比べても釣り合いが取れているのではないかと思います。

③上棟時で50%くらいならベストかなぁと思うので、先に述べてみましたが、ここに一つのミソがあります。
工事の出来高と比較して…、と例を挙げましたが、工事の進捗を見てみるともう一つのモノが見えてきます。

例えば一般的な住宅を考えてみると、工期は凡そ4ヶ月。
上記のフローにある契約から数え、更に外構まで含めると5ヶ月掛かります。
とすると、③の上棟時は契約から約二ヶ月という事になります。
工期の2/5の時点で施工費の50%だと、残りの工期3/5の期間?50%プラス消費税を竣工まで待たなくてはなりません。
つまり手形などをやっていると、以前の手形期限が迫ってくるので、業者にとって前倒しで頂く方が助かるという訳。
そのタイミングが、今手掛けている仕事(あなたの住まい?)だったら…。

こう言ったことから、前、前で支払いのある業者は怖いと思うのです。
お金に忙しいと言うんですかね。

勘違いして頂きたくないのは、ローコスト系や分譲系に限った話ではなく、大手のビルダーにも有り得ると言う事。
形態が違う部分もありますが、彼らは予定した資金繰りがシビアですから、短めの工期を設定して引き渡し(現金化)します。
ちょっと下品な言い方ですが、下品ついでに言えば工期についてケツに火が付いても間に合わせますから。

誰にとっても健全なのは、規模・条件からなる工期の設定と支払条件であることです。
安易に決めず、よく話を聞いてからにしましょう。(笑;



スポンサーサイト



15:40:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<正直な家のつくりかた 1-1 | ホーム | バスツアー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yumenosumai.blog28.fc2.com/tb.php/153-029a5ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |