スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ペットショップ 完成事例
2007 / 04 / 23 ( Mon )

こんにちは。

来る4/28(土)・29(日)に、港北区新吉田東一丁目において、弊社の『正直な家』構造見学会を行ないます。

昨今、巷で増えてきた催しですが、その会社の住まいづくりに対する考え方まで見えてきます。
いずれ隠れてしまう部分を見ることは、将来への備えとして必ず皆さんの参考になるでしょう。
特に私共の場合、普段同業者が教えない?話さない?事まで解りやすく解説し、また予算をかけなくとも、誰もがワンランク上の良質な住まいを手に入れる参考になるよう考えています。

「大手だから安心」なのではなく、そういった“大丈夫だろう”といった意識から変えてみませんか?
勿論、他社でご計画されても構いませんし、現在建築中の方でも入らして構いません。

このブログのタイトルの様に、皆さんが理想の住まいを手に入れられる様に願っていますし、こういった機会を積極的に持つ事が地域への貢献になると考えています。

追っかけ営業はしませんので、お気軽にお越し下さい。^^;

では、施工例を…。
続きを読む
スポンサーサイト
19:17:59 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
建築に関連する各業界のお話。②
2007 / 04 / 17 ( Tue )

こんにちは。
相も変わらず天気は不安定。。。
その隙間を縫うように、各現場は着々と進んでいます。
現場をなるべく空けたくない私達は、その分のやり繰りの難しさはあるものの、やはり“見てる人は見てる”もので、お褒めを頂けば正直嬉しくもあり、またそのような人たちの認知に応えて行く事が使命だと思っています。

今ひとつ欲を言えば、現場を開けっ放しにしている業者との比較ではなく、所謂世間一般の常識として根付いていけば、欠陥や手抜きの被害に遭う方は減っていくでしょう。
何ともむず痒く、じれったいですが…。

とにかく、私達は信念に基づいて責任ある仕事をしていますが、だからといって無情にも野放しになっている現場を見るには忍びなく、少しでもなくしたいと思っています。(これ本音^^;)
みなさん、そういった情報を集めて下さいね。

本題に入る前にもう一つ。
皆さんのお問い合わせの中で気になることがあります。
といっても、今に始まった事ではありませんが、見積もりの依頼の仕方の中で、止めた方がいいと思う例をあげておきます。

例 風呂を直したらいくら? 
  キッチンの取替を検討しているが、ざっとでいいから今教えて欲しい。 等々



これ、正直無理です。


その為に現場へ出向いた上での見積もりがある訳で、「これで大体いくらです」と答える業者は危ないです。
パックでリフォームする会社もありますが、伝えた金額で出来なかった場合、二つの方法を取る事になります。

一つは、顧客に何とか理解?して貰い、工事金額を水増しする。(工事変更が無くてもです)
これでは、最初に大体の金額を聞いた事の意味がなくなりますから、皆さんにとって良い業者選びでは無かったことになります。

もう一つは、金額の増加がいえなくて、予算に合わせた仕事をする。
ここが特に問題で、最悪“どこかを抜く”事をするかもしれません。
例え“出来栄えの余剰”を見込んでいたとしても、その“貯金”は使ってしまう訳です。

私が思う優良な業者は、けっして当てずっぽうなことは言わないと思います。
金額というのは一人歩きしますから、余裕を見た予算を言えば高いと取られるし、仕事とりたさに安い金額を言えば、後々するであろう工事の品質について困る事になります。
ですから、どちらにしても良い事はない訳で、また皆さんと同じ様に真剣で、我々は仕事をする『縁』があると思って見積りしますから、大変デリケートな部分だからこそ、実際に『現場を見なければ』ハッキリといえないのです。

かといって、どのお客様でも予算のある話ですから、その見極めのために見積りがあります。
判断するのに情報は必要ですから、見積りは無料なんですね。
また、実際に顔を合わせて分かることもあるでしょう。
ご自分の身分を明かす事で、断った後の執拗な営業攻勢を心配するなら「しつこくされて辟易した事があるので…」とやんわり釘をさすことです。
もっとも、私は縁が無かったお客様の場合、嫌われたくはないのですっぱり諦めます(笑;
しつこいのは転勤のある営業マンらで、地域密着を謳う私達は嫌われたらお仕舞いですから^^;
彼等のように、目先では生きていけないのです。^^;

そういった総合的な判断から、業者を選んで頂きたいと思います。
縁が無く断った業者には、その見積書を返却すれば宜しいかと思います。
お客さまに釣り合った優良会社に出会うという事は、皆さんのそういった真摯な姿勢が、品質の良い家・安心のリフォーム工事へと繋がっていくものと思います。

では本題へ。


続きを読む
14:07:33 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
『真摯の会』
2007 / 04 / 13 ( Fri )
こんにちは。

街を彩った桜もその役目を終え、春も真っ只中になりましたが、大気が不安定。。。
これも春らしいと言えばそうなのでしょうが、今の時期弊社では、新たに耐震改修や新築工事が始り、毎日天気予報と睨めっこです^^;
耐震改修は基礎の打設で心配し、先日上棟をした現場は屋根や外壁下地、サッシ等をすばやく納め、少しでも雨がかりの影響をなくしたい物です。

会社のすぐ近くで同時期に上棟した他社の現場は、その後音沙汰?なく、大丈夫かなぁと思いつつもどうなる訳でもなく、「またこれか…」と思ったりしています。
ツーバイと違って、在来は多少濡れても大丈夫というけれど、そこはやっぱり気遣いたいもの…。
“在来なら大丈夫だから少しぐらい…”というのは、業者の勝手な言い分でしょう。
やはり『濡れないに越した事は無い』というのが気遣いであり、その姿勢が安心安全の根拠だと思います。

続きを読む
20:05:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
理想と現実。これも一つの現実です。
2007 / 04 / 04 ( Wed )
熱戦の高校野球。
フレッシュな顔合わせの決勝戦で幕を閉じました。
常葉菊川高校の皆さんおめでとう!
かたや21世紀枠ながら準優勝の大垣日大の皆さん、夏にまた素晴らしい試合を見せてください!

今年からプロ一年生のマーくん。
悔しいデビューでしたが、監督から一喝されたとは言え、整えたばかりの髪の毛を、すぐキレイに坊主頭にした潔さとその決意は賞賛に値します。
18歳だろうが新人だろうがプロはプロ。まずそこから始まるんだと思います。
当初の通り、期待してよさそうですね。


同じプロでも、

耐震偽装の判定員演習、61%が審査能力の要件満たさず (国交省)

なんて記事を見ると、正直頭が痛くなってしまいます。
ただ結局国は、個人の集合体である構造を生業とする一級建築士に責任を擦り付けた感もあり、また、一定規模以上の構造計算をするには、新たな資格を義務付けする事でその責任を回避したとも見れるのではないでしょうか?
勉強するという事は良い事…、またプロとして研鑚を積むのは義務ですが、何の落ち度も無い建築士に、一緒くたにペナルティの様な事をする事については、正直に言って今ひとつ釈然としないです。
他の方法があればいいのですがね。

先日、大学の同期と会ったのですが、そのなかに大手ハウスメーカーに勤めているのがいます。
業界のトップビルダーで、今課長とか…。
話してみて感じたのですが、あんま勉強してない(^^;
自分の会社の狙い?すら知らない。 案外知らない物なのですかね。
常時30物件ほど持っているようですが、アレで大丈夫なんだろうかと思います。
悪口を言う訳ではありませんが、総じて大手の現場監督や営業マンはそんな感じですね。
同期の誼で忠告しましたが、聞き入れて貰えませんでした(笑

最近の私ですが、おかげ様で忙しくしています。(ブログ、サボってるし…。ごめんなさい)
つい先日、ペットショップ(トリミングとか)を引き渡し、今新築のほかに耐震改修の現場をいくつか持っていますが、少しずつ写真をUPしていきます。
テーマを設けて色々と書いてきましたが、ついつい一回が長くなってしまう(笑;
勿論、前回までのお話は続けていきますが、コメントをくれた方の言うように、色んな事例を見たい方も多いでしょう。
そんな事で、新築の実況中継とかも含めてUPしていきます。

で、今回はというと…。
話を戻して、プロって何なんだろう???
頑張るどころか誤魔化してる連中がいる。
ルーキーの姿勢にも劣り、志を忘れ去ったものたち。。。

少しですが、実際にあった悪い例をお見せしましょう。


続きを読む
19:55:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。