スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
耐震偽装問題の終結に思う。
2006 / 06 / 29 ( Thu )
昨年10月末から世間を騒がせ、日本の建築の安全神話を揺るがした“あの事件”は、終息に向かいました。
当時から言われていましたが、安全や技術に対する理想とその裏付が世界で認められていた「made in JAPAN」も地に落ちました。
姉歯という人間的に未熟な建築士は、先人達が努力を重ねて積み上げてきた物を、いとも簡単に崩しさり、真面目に、真摯に建築に従事する者に泥を塗った訳です。

以前からお話している通り、技術者であり、またその長である一級建築士たるものが、力に屈する事も恥であるのに、自分の都合の良いまま、欲望のままに信念・理想を捨て、データの全てを改竄するなど、どの業界にいても許される行為ではありません。
成る程、彼は制裁を受けました。妻もなくしました。
でも、亡き奥さんに同情はしても、私はあの建築士には同情の念が浮かびません。
そう、たとえ「誰かから、何かを強要されたとしても」です。

その上であえて言いたい。

姉歯一人が悪く、これで終幕となっていいのか?と…。
続きを読む
スポンサーサイト
19:44:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
耐震改修の今とこれから…③
2006 / 06 / 27 ( Tue )
昨日の夕方まで、サーバーの不具合により当ブログが閲覧できませんでした。
ご迷惑をおかけ致しました。申し訳ありません。

その余波で遅れた訳ではありませんが…^^; 
さて、上記タイトルの第三回です。
今回ご紹介する“工法”ですが、実は私の前に実物が来たのは今から3、4年前の事です。
北海道の研究集団^^;が力を入れていたもので、その存在はあまり知られておりませんでした。
昨今、ようやくというか、メディアなどの媒体に載るようになり、ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、その場合は密かにご自分をお褒め下さい(笑;
密かには余分なくらい、もし私の目の前にいらっしゃったのなら、代わりにお褒めしたいくらいなので…。
続きを読む
19:50:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
取り急ぎ!!
2006 / 06 / 22 ( Thu )
本日、報道等されました『浴室暖房乾燥機』について

◎ニュースソース
ガス温水機器メーカー「ノーリツ」(神戸市)の子会社「ハーマンプロ」(大阪市此花区)が製造し、東京ガス(東京都港区)や大阪ガス(大阪市中央区)などが販売した浴室暖房乾燥機計12万4860台について、設置作業時のミスで発火する恐れがあることが分かった。


弊社による施工に該当するものはありません。
19:14:51 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
耐震改修の今とこれから…②
2006 / 06 / 20 ( Tue )
設計ミスによる死亡事故等の人的災害はない!、と強弁していたシンドラーの社長。
わざわざ、こんな遠くまで来ての開き直りから、チョコチョコと破綻がでて批難を浴びています。
案の定、ローコストに物を言わせて売ってきましたが、粗悪な製品と貧弱な企業理念に賛同する人は少なく、時間の問題と言った所でしょうか。

ちょっとビックリしたのは、私自身、知らなかったはずのシンドラー社のエレベーターですが、まさか横浜市営地下鉄関連に使われていたとは…。

乗った事あるし。。。


面目次第もございません。
続きを読む
19:03:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
耐震改修の今とこれから…①
2006 / 06 / 15 ( Thu )
この間の日曜、月曜と慰安旅行に出かけていました。
今回は社内だけでなく、協力会社も一緒でしたので、ちょっと大所帯。
その名前は少し変わっていて“真摯の会”と言います。
その姿勢を協力会社全てに意識してもらい、一丸となって歩む為にこの様な名前になりました。
今地元では、案外“名物”になって来ました。(めずらしくて…というか、変わってて^^;)

だいたい某かのテーマを設けて出かけるんですが、今回は掛川と岡崎でした。
これも変わってるかなぁ?
復元ですが、掛川城と岡崎城を見ましたが、中々、お城と言うのは頑丈ですね。
五重塔(今回はなかったが)なんて本当に丈夫で、何故なのかは細かい所まで行きついていないと聞いた事があります。
先人達の知恵と言うには、余りに容易に過ぎますか。

職人の凄さというか、その“知恵”と言うのでしょうか?
下記の写真は味噌蔵の一枚です。


樽石積み



寒暖と言うか、季節の変わり目に上下(浮き沈み)するそうですが(発酵と沈静?で)、この石積みをマスターするのに10年掛かるそうです。
この状態で3年寝かせるそうですが、地震が来ても崩れないそうです。

匠の技なんて、気軽にTVなどで見れるものではないですね。


続きを読む
20:14:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
耐震改修の前に…
2006 / 06 / 10 ( Sat )
皆さんもご存知の事でしょうが、昨日のニュースにあった通り、ペイントハウスが上場廃止(ジャスダック)となりました。
上場廃止になったと言う事で、会社自体が潰れた訳では有りません。
続きを読む
16:41:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
耐震改修等のリフォームについて思う事③
2006 / 06 / 08 ( Thu )
企業には、信頼が大事だという話をしている矢先、事故を起こしながら逃げている社長。

設計事務所にいた時、シンドラーなんてエレベーター会社しらんかった^^;

これから詳らかになっていくでしょうが、企業倫理がシッカリしていれば、社長が前に出て、今精査中である旨だけでもいえばいいのに。
これ、最低限の行為であって、被害者が出た現実を考えれば、


謝ったら負け!みたいな外国人特有の

    誠意のない駆け引きに嫌悪感



が芽生えます。

少なくとも、この会社の製造したエレベーターには乗りたくないし、乗せたくないです。
暫らくは、看板を確認する人が多いのではないでしょうか?


さて、気合を入れて前回の続き…、第三回。
続きを読む
19:20:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
耐震改修等のリフォームについて思う事②
2006 / 06 / 07 ( Wed )
金で買えないものはないと言い切ったホリエモンを始めとしたライブドア。
儲けて何が悪い?と法を破りながらも言い放った村上ファンド代表。
両者に共通するのは、金の価値を落としたと言う事ではないでしょうか?

違うとすれば、世を変える急先鋒として時代に出現した村上氏が、一時代前の仕手筋が行なっていた売り抜きという手法をとり、落とし穴?に嵌るなどないはずです。
皮肉な事に実績が上がれば上がるほどその“成果”を求められ、崇高な初志の理想は潰えていきました。
誰もが?陥る慢心、驕りにより、変わってしまったのかもしれませんが…。
“プロ中のプロ”を自認した時代の寵児ですが、その引き際が潔かったかどうかは賛否の分かれるところでしょうか?

いずれにしてもこの両者を見比べてハッキリ解るのは、ライブドアの面々は“ただの子ども”であり、村上氏は策に溺れ世論を読めぬ“世間知らず”でした。

お金と言うのは、汗水たらして働いてこそその対価として認められるのであり、金の持つマイナスイメージを消し去ってくれます。
お金を持っている人全てが嫌われる訳ではありません。
そこが解らないから、村上氏曰く「何で儲けたらいけないんだ?」であり、ホリエモン曰く「金で買えないものなんてない」などと嘯き、世の顰蹙を買ったのです。
京セラの会長曰く「経営とは…社会貢献」と言い放ち、全国を行脚して話して聞かせる氏の説法を彼らはどう受け止めるのでしょうか?


おっと…、前回の続きです。^^;
続きを読む
17:59:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
耐震改修等のリフォームについて思う事①
2006 / 06 / 03 ( Sat )
今回から耐震改修のお話として、特に最近どのような工法があるのかもご紹介しますが、昨今リフォームに絡んだ諸問題をおりまぜながら、色々とお話していこうと思います。
今の時代、ただ紹介するのでは情報が普及しすぎていますから、皆さんも返ってその方が物事の切り口が見えて良いのではと思い、その様にさせて頂こうと思います。
長くなるかも知れませんが、お付き合いください。
(具体的な耐震方法については、後ろの方になるかも知れません)

続きを読む
18:30:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。