FC2ブログ
構造(性能)の重要性②
2006 / 03 / 23 ( Thu )
今回色々書いているのは、あれだけ騒がした耐震偽装の問題が、ある一人の愚かな議員の為に吹き飛んでしまったからです。
彼が恥を知る人物であったなら、早々と国会での失言に纏わる情報開示と責任の取り方があったはずです。
残念ながら、この業界にいた“誇りを捨てた建築士”や“胡散臭いコンサル”そして“ボケたフリをして逃げたゼネコン親分と欲にかられた禿ちゃびん”と同じく、どこの世界にもショーモナイ人間はいるって事ですか。
日本人…、昔の武士なら、潔い身の処し方があったはずですが、浜辺のフナムシよろしく、逃げ回っているだけです。

言い過ぎかもしれませんね。。。
でもこの問題は、人の噂話程度で済ます問題であるはずがありません。
一級建築士として憤懣やるかたない思いですし、このような汚点に対して何のアクションも起さないのはどうなのか?と。
知らぬフリをするつもりが無くても、沈黙?触れずにいれば、世間はどう思うのでしょうか?

一つの例ですが、私の考え方として、全住宅に構造計算による考察を行なっています。
後で詳述しますが、基準法で義務であろうが無かろうがそんな事は関係なく、『必要』だと言う信念の元に始めた事で、これに関する報酬は頂いておりません。

一時期、姉歯のお陰で『構造計算』が禁句の様になりましたが、最近の風潮としてはその重要性が再認識され、小難しい話?でも関心を持つ事が大事だという認識が大きくなってきました。
そこで、今回のテーマとなった訳です。
多少?切り込みすぎる部分もあろうかと思いますが、そこはご容赦ください。
自浄作用のない業界は末期ですし、それが無ければ信頼の回復は無いのですから。

※その為、自社の例を取り上げておりますが、弊社の社名は忘れて読んで下さい。


では前回の続きです。
続きを読む
スポンサーサイト



18:33:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |