FC2ブログ
構造(性能)の重要性①
2006 / 03 / 20 ( Mon )
今回は長くなると思います。
最終的には、構造計算の重要性について書きたいと思っています。
小難しい展開になるかもしれませんが、なるべく考えて書きますのでお付き合いください。

嘗て我が国は、欧米からウサギ小屋と揶揄されながらも、先人達は戦後の復興に寝食を忘れて努めてきました。
雨露が凌げれば的な住まいに関する考え方が優先したのは仕方がない事であり、狭いながらも楽しい我が家を実現してきた日本。
そして、天災は忘れた頃にやってくると言う避けられない現象を目の当たりに見た地震列島の日本。
これまでも多大な犠牲を対価として払い、緩和と規制を重ねてきました。
緩和として代表されるのは、面積に対する基準についてでしょう。
その一方で、建築物の安全性については何度となく改正されてきました。
新耐震基準然り、シックハウス然り、検査制度然りです。
また規制の中には、上記にあげたハード部分だけでなく、高齢者、身体に制限のある方への配慮、所謂ユニバーサル化といった様な、ソフトに目を向けたものもあります。

まだまだ欧米などに比べては後進国ですが…。

私は学生として建築を学び、社会人として建築の世界の住人として生きていますが、一貫して思っている事は、我が国こそが一番建築に関する法律が整備されており、最高基準の性能を求められていると思っています。
中国などは竹製の足場が多く見られますが、我が国では丸太の足場などは見なくなり、タイプは違えど鋼製のものとなりました。
私の記憶では、労働基準法が発端だと思います。違ったらごめんなさい^^;

以前書きましたように、幾度も震災に遭い、その重要性から建築基準法は改正されてきました。
それは建物の大小に関係がある訳ではなく、一遍にと言う訳ではないのですが順次執り行われてきた訳です。
ここでは、HPやブログの主旨から、木造住宅のお話をメインに取り上げていきたいと思います。
また『姉歯ショック』による構造の重要性から、細かくお話していく必要があると感じました。

さて、

続きを読む
スポンサーサイト



21:20:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |